ホットスナック ローソン

まさかの真打!?ローソンの『グーボ メキシカンチョリソー味』

ローソンのグーボメキシカンチョリソー1

コンビニ各社が近年特に力を入れるのが、レジ前に設置されている『ホットスナックコーナー』の品々。

寒い季節もそうでない季節も、保温機の中で温かいまま維持されたこれらの商品は、「冷めてないものを食べたい」という購買者の願望を手っ取り早く満たしてくれる素晴らしい商品ですよね。

今回はそんな中から、期待の新星とも言える新商品のレビューを。

ローソン」の『グーボ(GU-BO)』は、近年稀に見る、ホットスナックタイプのパイです

今回レビューするのはその中でも特に辛そうな『メキシカンチョリソー』をピックアップ。

名前からして辛そうな商品ですが、果たしてどんな結果に終わるのか。

どうぞお楽しみあれ!!

ローソンの『グーボ メキシカンチョリソー味』の概要

ローソンのグーボメキシカンチョリソー2

基本的な概要

メーカー ローソン
種別 ホットスナック(パイ)
具材 ソーセージ、トマトペースト、ピーマン
生地の有無 有・パイ生地
価格(税込) 130円
カロリー 189キロカロリー(1包装あたり)

商品説明

ローソンの公式サイトでの商品説明は以下の通りです。

ソーセージの具材感と辛みのきいた味付けが特徴。

トマトペーストとピーマンで本格的なメキシカン味を実現しました。

引用元:ローソン公式サイト

実際に食べてみる

丁寧に召し上がり方が書いてある包装

ローソンのグーボメキシカンチョリソー3

今回はコンビニでは極めて珍しいホットパイ系の商品の為か、包装紙には画像のように手を汚さずに食べられるように、あらかじめ説明書きがされています

イラスト付きなのでとても分かりやすいですね

ただ、書かれているのが後ろ側なので、気付かずにそのまま上から開けて引っ張り出して食べる人も多そう

何を隠そう、筆者も最初特に気にせず上から出してそのままかじっていました。

お上品に食べるなら、裏面はきちんと見ると良いでしょう。

見た目は春巻きに近い

ローソンのグーボメキシカンチョリソーの外観

ものとしてはホットパイなのですが、全部引っ張り出してみてみると、その形状は丸太の様な形状で、どこか春巻きを思わせます

両端を閉じてあるのでその部分は触ってみると結構硬めですが、真ん中部分は軽く押してみると、そのままぐにゃっとへこむくらいには柔らかめになっています。

乱暴に扱うと中身が出てしまいそうで怖いです

買ったらすぐに食べるか、持ち帰る場合は上に物をおかないよう、注意しながら持ち帰る事をお勧めします。

食べてみての評価

表面

ローソンのグーボメキシカンチョリソーの生地

カリカリサクサクの食感で、あまりパイ生地っぽさはないです

というか食べてみての印象は「春巻きだコレ!」という、見た目通りのものでした。

ですがその食感の良さは中々に癖になるものがあります

硬すぎず、柔らかすぎず、カリカリだけれど食べていて散らからず、そつなくハイレベルに仕上がってると思います

このオリジナル生地作製のために、都合100回以上の試作をしたとの事ですので、その努力の末にある境地とでもいいましょうか。

ローソンの人、いい仕事してると思いますよ。

具材

ローソンのグーボメキシカンチョリソーの具材

メキシカンチョリソー味という事で、風味は結構辛口

ですが一口目は辛いというより旨みが強めで、食感としてはトロっとした、ホットパイの具材そのままのものです

表面がカリカリなのと相まってこのとろりとした食感が素晴らしく、一口食べるとすぐに二口目を食べたくなりました

しかし、二口目以降じわじわと口の中を辛さが支配し、食べ終わるころには舌先がちょっと痛く感じます

辛いのもある程度までなら好きな筆者は「これはいい辛さだな」と思いましたが、辛いのが苦手な方にはちょっと辛いかも知れません。

いずれにしても飲み物はあった方がいいでしょう

具材としては、やや大き目のソーセージ片とソース状のトマトペースト、そして全く目立たないピーマンという組み合わせで、ソーセージのごろっとした食感がとても印象的でした

おかげでグーボそのもののサイズは小さめなのですが、結構食べた気になれます。

食べ合わせ

ローソンのチョリソーとカップヌードル

これ単体で完成しているので、無理に他の商品と食べる必要も感じませんが、単純に他の商品を食べる際に、物足りないからと一つ追加する前提なら、カップラーメン系との相性がいいと思います

特にスパイシーなカレーラーメン担々麺などと併せると、辛さが相乗効果を引き起こし大変身体が温まります

その他、辛い為に飲み物を飲む事をお勧めしますが、その際には炭酸飲料などの舌や喉に刺激を与えられるものよりは、お茶や麦茶など、さっぱりとしたものを選ぶと、ある程度辛さが緩和されたり、口の中のぴりっとした感覚が、早めに流れたりする為お勧めです。

辛さを相殺する為に敢えて甘いモノを飲むというのもありですが、口の中の風味が結構変な感じになるので、それに耐えられる人向けかもしれませんね。

評価

(5段階評価・標準は★3つ)

表面 ★★★★★
具材 ★★★★★
食べ合わせ ★★★
コスト ★★★★★
総合 ★★★★★

食べてみての感想などを

実に素晴らしいです

正直初見では見た目が小さいので「これだとちょっと食べ応えなさそうだな」と思っていました。

ホットスナックなのでそこまで食べ応えには重きは置きませんが、それでもサイズの小ささからくる不安は結構な物だったのです。

ですが、そんな見た目からの評価を覆す、全体的にハイレベルにまとまった素晴らしい逸品でした

いや、素直にローソンがすごいと思えますよ。

こんなにサクサクカリカリな春巻き……パイを、いつでも食べられるようになったんですから!

ローソンはかなり初期の頃から「からあげクン」をはじめ、ホットスナックに力を入れていたコンビニですが、まさかここまでレベルの高いホットスナックを出してくるとは、流石に思いもしませんでした。

表面だけでなく中身がトロっとしていてやみつきになる美味しさで、更に具材もゴロっとしていて食べ応えもいいときたら、これはもう高評価にするしかないですね!

価格は食べる前はサイズにしてはやや高めに思えましたが、このクオリティと満足感なら十分高パフォーマンスと言えます

食べ合わせも、特に他と食べる際に問題になる点も少ないので、概ね及第点と言えるでしょう。

いやあ、以前食べた『グーードッグ!』も味はかなりのもので、「これはローソン本気出してきたかな」と思いましたが、こちらはもう全力全開といった感じですね

どうか他のコンビニ各社にも、こういった良品が次々に出てきてくれることを願いますよ。

勿論、ローソン自身も更なる良品を期待して。

どうかこのレビューを読んだ方が、この素晴らしいパイを、見た目だけで避けることなく楽しむ事が出来ますように。

あわせて読みたい
ローソンのグーボベーコンポテトの外装表面
黒コショウの味わい!?ローソンの『グーボ ベーコンポテト味』

前回大変美味しいと筆者の中で好評だった「ローソン」の『グーボ』ですが、『メキシカンチョリソー味』の他にも二種類、味の違うバージョンが存在します。 今回はその中の一つ、『ベーコンポテト味』のレビューをし ...

続きを見る

あわせて読みたい
ローソンのグーボ ヒノカミチーズタッカルビの外観1
鬼もたじろぐ!?ローソンの『グーボ ヒノカミチーズタッカルビ』

以前から色々な味が出ているローソン期待のホットスナック、『グーボ』ですが、最近になってまた新しい味が出たようなので、早速試してみようかと思い購入してみました。 今回レビューするのは『グーボ ヒノカミチ ...

続きを見る

-ホットスナック, ローソン

Copyright© コンビニハック , 2021 All Rights Reserved.