ハンバーグ ローソン

ローソンの『チーズ入りハンバーグ』こっちは当たり!?

ローソンのチーズ入りハンバーグのパッケージ表面

ローソンのハンバーグ攻勢、今回で最後になる予定ですが、大トリとなるのはまたもやチーズインハンバーグで、その名も『チーズ入りハンバーグ』。

ひねりも何もあったものではありませんがとてもシンプルで解りやすいですね。

チーズインハンバーグ系の商品は以前も高級路線かつボリュームアップ製品の『クリーミー4種チーズの肉厚ハンバーグ』がありましたが、どうにもその時の微妙な感覚がまだ残っていて、若干恐ろしくも感じてしまいます

ローソン製チーズインハンバーグ、果たしてこちらは大丈夫なのか……?

不安と疑念が渦巻きますが、なんとかレビューしてみましょう!!

ローソンの『チーズ入りハンバーグ』の概要

 

基本的な概要

ローソンのチーズ入りハンバーグのパッケージ裏面概要

メーカー 米久
種別 総菜・おかず
材料 玉ねぎ、豚肉、牛脂、牛肉、パン粉

トマトケチャップ、デミグラスソース

しょうゆ、プロセスチーズ

温める必要性 あり
価格(税込) 140円
カロリー 172キロカロリー(1包装あたり)

商品説明

ローソンの公式サイト()での商品説明は以下の通りです。

ハンバーグは豚肉と牛肉をバランスよく配合。デミグラスソースは、ビーフベースで牛由来のうまみをアップしました。またチーズソースはチーズの味わいが引き立つようにしています。  

引用元:ローソン公式サイト

実際に食べてみる

温め時間は前回から10秒ずつ増加

ローソンのチーズ入りハンバーグのパッケージ裏面調理法

こちら、袋系のチルド商品の例によろしく、電子レンジと湯せんでの温めの二種類が選べます

湯せんの場合は温め時間は前回の『デミグラスハンバーグ』同様5分なのですが、電子レンジの場合、前回よりも10秒ずつ遅く、500Wでは1分50秒、600Wでは1分40秒となっています

とはいえ、電子レンジでの温め時間としてはかなりの短時間。これなら食べる直前にちょちょっと温めても問題なさそうですね。

見た目は普通のハンバーグ。しかしなぜカロリーが……?

ローソンのチーズ入りハンバーグとご飯1

画像のように、実際に温め盛り付けてみると、前回の『デミグラス~』同様の平べったい丸っこい、典型的なハンバーグが出てきました

サイズ的にもデミグラスソースの量的にもそこまで違いはなさそう

ただ、ちょっと不思議なのが、これ、チーズインハンバーグなんですよね。

チーズインハンバーグって、普通中にチーズが入るので、カロリー的には普通のハンバーグより高くなってそうなものなのですが、こちらはカロリーが普通のデミグラスハンバーグより何故か1キロだけ低いんですよね

なんなんでしょう。もしかして中身はスカスカとか?ちょっと嫌な予感がしてきましたね。うわ怖いなあ。

食べてみての評価

見栄え

ローソンのチーズ入りハンバーグのアップ画像

サイズ的にはまあまあなサイズのハンバーグといった感じで、これといって見た目は悪くない感じですね。

というか前回のデミグラスハンバーグと外見的には何ら違いがないので、個性に乏しい、というのが本当のところでしょうか

ただ、中身を割ってみるとスカスカという事はなく、チーズはそれなりに収まっているようなのですが、とろりと出てくることもなくそのまま収まったままで、『クリーミー~』と比べるとちょっと地味な印象ですね。

皿がチーズで汚れなくていいのは楽なのですが、これだとあんまりチーズインハンバーグっていう感じがしないんですよねえ

具材

ローソンのチーズ入りハンバーグの断面

ハンバーグ自体がほどほどのサイズ、かつ中身はチーズがほとんどを占めていて、肉の部分は表面だけ、というのが実情でした。

チーズインハンバーグの割に普通のハンバーグよりカロリーが低い理由は、多分これの所為なのでしょうね。

味に関しては恐れていたのとは裏腹に、そして見た目の微妙さとは関係なしに普通に食べられる、ちょっとワインの風味が強めな味付けになっていました

これはローソンの『クリーミー4種チーズの肉厚ハンバーグ』と比べると相当マシに思えますよ!?まさか廉価商品の方がマシだったとは……

ご飯との相性

ローソンのチーズ入りハンバーグとご飯2

表面のハンバーグ部分はいわずもがな、チーズもデミグラスソースもご飯に比較的合う風味なので、ご飯と一緒に食べてもそれほど違和感は感じません。問題なくおかずにできる事でしょう。

ただ、肝心の量の方がほどほどしかない為、単品ではちょっと物足りなく感じるかもしれません

他の惣菜を買うか何かして、複数品用意した方が満足のいく食事にできる事でしょう。

ローソンの『デミグラスハンバーグ』と比べても、こちらの方が味の癖が強いものの、その分味付けが濃厚な為、チーズ好きな人ならより楽しむことができると思います。

評価

(5段階評価・標準は★3つ)

見栄え ★★
具材 ★★★★
ご飯との相性 ★★★
コスト ★★★★
総合 ★★★

食べてみての感想などを

全体的に見てまあまあな商品でした

見栄えに関しては正直チーズインハンバーグとしては微妙で、特に割ったのにチーズがそのまま収まったままというのは、ちょっとつまらなく感じてしまいましたね

皿にチーズがべっとりとついたりして汚れないのはいいのですが、チーズインハンバーグを食べるならやはり割ったときにじゅわっと中のチーズがあふれ出るくらいの流動性は欲しいところ

その点こちらはちょっと粘り気が強すぎましたね。

ただ、その分味は濃厚で、プロセスチーズ単一しか使っていないために余計なほかのチーズの味が邪魔をすることなく楽しめるため、『クリーミー4種チーズの肉厚ハンバーグ』のような高級路線の商品よりも、かえってこちらの方が気軽に、余計な事を考えずに味わえます。

廉価版に負ける高級品ってどうなんだろう?

ともあれ、コストパフォーマンス的にも優秀ですし、例によって量が足りないのを、無理やりこれを二つ購入してかさましするというのもありといえばありかもしれませんね。

以上の点から、少々物足りなさはあるものの、値段相応には満足できるくらいの商品かな、という印象になりました。

高級路線の『クリーミー4種チーズの肉厚ハンバーグ』が400円越えで低評価な事を考えれば、半値以下でこれくらいの評価に収まるこの商品は十分まともに思えますが、今後のレビュー次第ではこれも違った印象になりそうなのが怖いところですね。

どうか、このレビューをご覧になった方が、お安くそこそこのチーズインハンバーグを食べたくなった時にこの商品を見つけられますように。

あわせて読みたい
コンビニのハンバーグおすすめランキング

これまで大手コンビニ3社(ローソン・セブンイレブン・ファミリーマート)自慢のチルドハンバーグ系商品をレビューし続けてきましたが、いよいよ前回を以て(恐らく)網羅できましたので、今回はそれらの中で項目ご ...

続きを見る

あわせて読みたい
ローソンのクリーミー4種チーズの肉厚ハンバーグのパッケージ表面
ローソンの『クリーミー4種チーズの肉厚ハンバーグ』の実食レビュー

前回「セブンイレブン」のハンバーグ系商品をレビューしましたが、各店舗とも見てみるとハンバーグ系商品は各店とも色々あるようでして、折角なので少しの間、各コンビニのハンバーグ系を中心にレビューをしようかと ...

続きを見る

あわせて読みたい
ローソンのデミグラスハンバーグのパッケージ表面
ローソンの『デミグラスハンバーグ』コレはもうちょっと食べたくなる!?

ローソンのハンバーグ系商品は中々層が厚いようで、前回で三つ目の商品の紹介でしたがまだまだ続きます。今回紹介するのは、『デミグラスハンバーグ』。 前回紹介したのが『鉄板焼きデミグラスハンバーグ ポテトと ...

続きを見る

あわせて読みたい
ローソンの鉄板焼きデミグラスハンバーグ ポテトと野菜添えのパッケージ表面
ローソンの『鉄板焼きデミグラスハンバーグ ポテトと野菜添え』を実食レビュー

出だしこそ微妙でしたが、前回のローソンの『肉厚!ビーフハンバーグ』は中々の逸品でしたので、これからは安心してレビューできそうですね。 そんな訳で次の期待の一品は、同じくローソンの『鉄板焼きデミグラスハ ...

続きを見る

あわせて読みたい
ローソンの肉厚!ビーフハンバーグのパッケージ表面
ローソンの『肉厚!ビーフハンバーグ』果たして汚名返上なるか!?

前回レビューした「ローソン」の『クリーミー4種チーズの肉厚ハンバーグ』は、筆者的に大外れの部類でかなりがっかりさせられたのですが、それ一つで「ローソンのハンバーグはまずい」と結論付けてしまうのも早計と ...

続きを見る

コンビニ3社(ローソン、ファミマ、セブンイレブン)ハンバーグの実食レビュー記事一覧はこちら

-ハンバーグ, ローソン

Copyright© コンビニハック , 2022 All Rights Reserved.