セブンイレブン スイーツ

セブンイレブンの『直火焼プリン70g×4』一つでは満足できない方にはこれ!

セブンの直火焼プリン4個入り包装袋

コンビニ周りをしているとよくある事なのですが、「こだわりの」とか「特別な」とか、いかにも特別感を出している商品ばかり食べているせいで、「たまには普通のを食べたいなあ」と思う事があるんですよね。

シンプルに、余計な宣伝とかしていないような、見た目からしてうるさくないようなのを

そういうのって見た目が主張していない為にわざわざ探さないと見落としがちなのですが、今回は幸いにしてというか、たまたま目についた場所にそういう商品があったので見つけられました。

そんなわけで今回レビューするのは「セブンイレブン」の『直火焼プリン70g×』。

季節ごとの期間限定的なスイーツに混じって置かれているこれは、まあどこのコンビニやスーパーでもありそうな安っぽいプリンを四つ並べただけの商品ではありますが、たまにはこういうのを食べて味を確認してみるのも大事な気がします。

それでは、早速レビューと参りましょう!!

セブンイレブンの『直火焼プリン70g×4』の概要

セブンの直火焼プリン4個入りの概要

 

基本的な概要

メーカー オハヨー乳業
種別 プリン
温かい・冷たい 冷たい
主な原材料 生乳、カラメルソース、砂糖

ぶどう糖果糖液糖、ゼラチン

はちみつ、洋酒

価格(税込) 224.64円
カロリー 100キロカロリー(一個あたり)

商品説明

セブンイレブンの公式サイトでの商品説明は以下の通りです。

オーブンでじっくり焼き上げた本格派の焼プリンです。 

引用元:セブンイレブン公式サイト

実際に食べてみる

お酒がダメな人は要注意!

セブンの直火焼プリン4個入りの包装袋裏面

この商品、モノはプリンなのですが、上記の原材料の欄にもあるように、『洋酒』が使われています。

一応裏側にはアルコール度数が一定より少ないことを示す事も記載されていますが、そうは言っても材料にお酒が使われていて、決して度数が0ではないという以上、食べすぎたり体質的な要因で酔ってしまう方も出てくるかもしれませんので、お酒がダメな人、あるいはダメな状況では食べないほうがいいのかもしれませんね

確かに洋酒は洋菓子専門店などで売られているプリンには使われていることも多いようですが、コンビニプリンを食べようとしてお酒を気にしないといけないというのはなかなか盲点というか、想定外でしたね。気をつけましょう。

見た目はスタンダードな焼きプリン

セブンの直火焼プリンの表面

さて、肝心のプリンですが、見た感じの印象はどこにでも売られているような焼プリンです

コンビニに限らずスーパーでもこういったものはよく見られ、同じような感じに複数個まとめ売りされている事も多いので、期待を裏切らない反面、どうしてもオリジナリティには乏しい印象を受けますね

かといってあまり奇抜でも今回の趣旨には反しますし、コストとシンプルさを追求するとこんな感じになるのかもしれません。

でも、筆者はこういう、表面がちょっと焦げてる感じの焼プリン、結構好きですよ。

近年では無理やり焼プリン感を出そうとわざわざカラメルを焦がしている焼プリンもありますが、そういうのではなく、普通にプリンそのものが焼かれてこういう表面になっている方が好きですね。

見た目に関してはこういうのでいいんですけどねえ。

食べてみての評価

セブンの直火焼プリンの容器側面

極めて普通のまとめ売りされているような焼プリンでした

スーパーなどでも食べられるものと大差なく、一口食べて「ああよくある味だな」といった感じを受けました。

期待していた味から逸脱することはなかったので、以前レビューした『きみだけのプリン』よりは大分マシに感じられましたね。

あれはプリンらしい味が全く感じられませんでしたから。プリン部分は甘さが強め、そしてカラメル部分はほろ苦さを感じさせつつもプリンとは別方向の甘さを感じさせてくれます

ただ、わざわざ洋酒を使っているものの、味にはそれがほとんど影響していませんね。食べていてお酒が入っている感は全くしませんでした。

逆にだからこそお酒がダメな方は知らず知らずのうちに酔ってしまっていそうで怖いですね。なんで混ぜたんだろう……

食感

セブンの直火焼プリンをスプーンで一掬い

弾力があまり感じられず、どちらかと言えばクリーミーな食感が楽しめるプリンとなっています

スプーンがするする入っていき、くちどけもいい為、つるつると食べていけます

柔らかなプリンがお好きな方にはいいですが、弾力をお求めの方は避けたほうがいいかもしれませんね。

食べ応え

セブンの直火焼プリンの断面

小さなカッププリンが四つ、という内容量ですが、一つ一つが小さすぎて全部食べても満腹感にはあまり寄与しません

モノとしてはかなり甘いので甘いものを食べた気にはなれますが、食感の面から見ても弾力に乏しい為食べやすい反面歯応えがなく、いくら食べても満腹にはなれそうにありません

大き目のプリンを一つ食べたほうが満足感は高い事でしょう。

評価

(5段階評価・標準は★3つ)

★★★
食感 ★★★
食べ応え ★★
コスト ★★★
総合 ★★★

食べてみての感想などを

全体的に見て最低限の要件を満たしている、というだけの商品でした。

単純な見栄えはスーパーなどで売られている割安品と大差なく、味も食感もそのレベルを超えることはなく、食べ応えも乏しく、コスト面で見ても、まあこの価格ならギリギリ妥当かな、というくらいのものです。

折角の四つ入りですが、個々の量が少なすぎるのと、味が量販品としか言いようがないくらいに普通過ぎる所為で特筆すべき点が見当たらないのがレビュアー泣かせですね。

洋酒入りなのに洋酒の風味が微塵もしないのは「そのコスト何のためにかけたの」と聞きたくなる無意味極まりない要素でした。これの所為でお酒ダメな方やダメなシーンでは食べられないのも二重苦となっています。

唯一利点があるとすれば、分けられている為にシェアが容易なところでしょうか

ちょっと一口食べたいときに買って、他を家族や仲間とシェアしたり、食後のデザートに一つずつ食べる、という食べ方ができますので、そこは便利だと思います。

満腹感に寄与しないのも、その分食後向け、と考えればまるでマイナスとも言い切れませんし、食べ方や食べるタイミング次第なんでしょうね。

地味な商品を求めはしたものの、普通過ぎて地味というのは面白みがない、というのに気づきました。もうちょっとこう、地味なりに個性が欲しいところですね

何か一つ、いい意味での個性があればこういう商品も化けそうではあるのですが。どうぞこのレビューをご覧になった方が、この商品に過度の期待を寄せ過ぎませんように。

あわせて読みたい
ファミマのたっぷり食べたいプリンの外観上部
ストレス解消に!ファミマの『たっぷり食べたいプリン』

主要コンビニ三社の中で、筆者が最もスイーツ関連に力を入れていると思っているのが、「ファミリーマート」ですが、そのファミマのスイーツの中でも、特にプリン関連の商品は季節ごとに新作が出るほどで、ファミマが ...

続きを見る

あわせて読みたい
セブンイレブンきみだけのプリンの外観上部
セブンイレブンの『きみだけのプリン』実食レビュー

ハロウィン周りの商品はどうも微妙な評価になりやすい昨今のコンビニスイーツですが、それも一段落ついてか、新たに新商品が並び始めたので、そちらのレビューをしようかなあと思いました。 そんなわけで今回レビュ ...

続きを見る

あわせて読みたい
セブンイレブンのプリンアイスの外装上部
セブンイレブンの『プリンアイス』これはプリン?それともアイス? 

暑さが深刻になっていく中、少しでも涼を取ろうとすると、どうしても涼やかな麺類やスイーツを食べたくなるものです。 今回はちょうどそれっぽいものを見かけたので、レビューしようと思いました。 そんな訳で今回 ...

続きを見る

 

-セブンイレブン, スイーツ

Copyright© コンビニハック , 2022 All Rights Reserved.