セブンイレブン 調理麺 電子レンジ専用

旨辛美味しい!セブンの『ピリ辛肉味噌あんのジャージャー麺』

セブンのピリ辛肉味噌あんのジャージャー麺の外観上部

お正月も三が日が過ぎた辺りで、お餅やお節、買い置きのレトルト食料などに飽きてくる頃合いで、「そろそろ変わったもの食べたいなあ」と思う方も、多いんじゃないかなあと思います。他ならぬ筆者も、三が日辺りでもうお餅の顔を見るのも辛くなり、「たまには別の物を」と、ついついコンビニまで足が伸びてしまいました。

そんな訳で今回のレビューは、「お正月明けに変わったものを食べたい」という欲求を満たせる、一風変わった商品を。「セブンイレブン」より『ピリ辛肉味噌あんのジャージャー麺』をレビューしたいと思います。

ジャージャー麺というと、茹でた中華麺に、炒めて作った肉味噌をかけ、これを混ぜて食べる中華料理で、日本でもメジャーとまではいきませんが、食堂をはじめコンビニやスーパーなどでもたまに見るくらいには、世間にも浸透しつつある料理と言えます。

お正月は良くも悪くも和風漬けの食生活になりがちですし、お正月明けくらいはこんな感じに、和風とかけ離れたものもいいかなと思い選びました。特に寒いこの季節、商品名の『ピリ辛肉味噌あん』は、いい方向に作用するんじゃないかなあと思います。

それでは早速レビューと参りましょう!!

セブンイレブンの『ピリ辛肉味噌あんのジャージャー麺』の概要

セブンのピリ辛肉味噌あんのジャージャー麺の概要

基本的な概要

メーカー ヒガシヤデリカ
種別 あんかけ麺
具材 味付けザーサイ、葱、赤唐辛子
ソース ジャージャーあん

(がらスープ、豚ひき肉、玉葱など)

価格(税込) 496円
カロリー 594キロカロリー(1包装あたり)

商品説明

セブンイレブンの公式サイトでの商品説明は以下の通りです。

豚挽肉、筍、椎茸をじっくり炒め、甜麺醤、トウチジャン、豆板醤で味付けする事で、ピリ辛で旨味のあるジャージャー麺に仕上げました。 

セブンイレブン公式サイト

実際に食べてみる

結構厚めの容器、そして謎の凹み

セブンのピリ辛肉味噌あんのジャージャー麺の包装をはがした外観上部

包装を解くとまず目に入るのが、他のコンビニ弁当よりも分厚くなっている容器です。そこまで重いモノではなく、厚いと言っても電子レンジで簡単に温められる程度ですが、温かい状態で持ったらふにゃっとなる事もなく、同じ麺類でもパスタ系の容器より硬くできているように感じます

ですがこの容器、蓋の部分に不可解な凹みがあるんですよね。別にここに外付けの調味料袋を入れている訳でもなく、箸やフォークが付いている訳でもなく。これが容器の底だったら「ああこれで見た目底上げしてるのか」と、呆れはするものの納得する事も出来ますが、デザインとしても謎です。

何か他の麺類系商品の容器を流用してるんでしょうか……?これ系のは他に見た事もないのですが。謎は深まるばかりです。

あんかけパスタに近い外見

セブンのピリ辛肉味噌あんのジャージャー麺の蓋を取ったところ

画像を見ての通り、商品そのものはあんかけパスタに近い見た目で感覚的にはそれと大体同じように食べられるようになっています。「ジャージャー麺って何?」という初見の方も、なんとなくぱっと見で「これを混ぜるのか」と、簡単に理解できるのではないでしょうか。

肉味噌あんは最初から混ぜられている訳ではなく、全て麺の上に乗っていて、ザーサイ唐辛子など、主要な具材も全て表面に置かれているのみ。これならあんかけでもそこまで見栄えが悪くないですし、感覚的に食べ方が解る事から、食べる人に優しいですね

食べてみての評価】

セブンのピリ辛肉味噌あんのジャージャー麺の麺

ラーメン用の油揚げ麺を茹でたものです。麺の太さは中太くらいで、ゆで麺系の中華麺とほぼ同じ硬さカップ麺と比べるとかなりコシが強く感じられると思います。

量もかなり多目で、同じくセブンに並んでいるゆで麺系の商品より、多めに入っているように思えました。ラーメンと違いスープというものがない商品だけに、主役は完全に麺と肉味噌あんのため、量はその分多くなっているのかもしれませんね。おかげで食べ応えは抜群です。大人の男性でも満足できる量と言えるでしょう。

ソース

セブンのピリ辛肉味噌あんのジャージャー麺のソース

ジャージャー麺はこのジャージャーあんという、ピリ辛風味の肉味噌のあんが命です。これが美味しいか否かで全てが決まるのですから、ラーメンにおけるスープ、パスタにおけるソースと同じで、非常に重要な要素となっています

この商品の肉味噌あんは、その点一切問題なく楽しめます。味は商品名通りピリ辛風味で、炒めた挽肉のおかげか口に入れた直後は甘めですが、後になってピリリと辛さが追随してきます

でも、一口食べるとやめられないんです味噌と挽肉の旨みが凝縮されている肉味噌あんは、中華麺との相性も抜群で、よく絡みます。シンプルながら、ジャージャー麺としては完成していると言えます。これは中々にいい商品を引きました!

具材

セブンのピリ辛肉味噌あんのジャージャー麺の具材

肉味噌あんの挽肉が印象の大半を占めますが、具材としてのザーサイやタケノコなども、食感には大きく寄与しています。以前、食堂で食べたジャージャー麺は、タケノコやザーサイは細かくみじん切りにされて、あんの中に混ぜられていましたが、この商品ではそれらは具材として、より目立つ存在となっているのです

これらは、位置付け的には付け合わせに近いのですが、麺とあんを食べている合間に食べるというよりも、全てまぜこぜにして食べる事で、違った味や食感を味わえるという、いわゆる味や食感に変化を与えるための具材であると言えますザーサイやタケノコのコリコリとした食感もいいですし葱や唐辛子のピリリと来る刺激もよくピリ辛風味のジャージャー麺の味も食感も、どんどん変わっていくのが楽しめるのです

量が多いと単一の味では飽き易くなりやすいですし、こういった具材で変化が加えられるようになるのは、アイデアとしては素晴らしいと思います。ただ、ザーサイが大きい分、少々食べにくくなっていて、折角麺をズルズル啜って食べているのに、途中で引っ掛かりやすくなるのがネックですね。個人的には半分くらいのサイズにして、同じ量入れればいいんじゃないかなと思いました。

評価

(5段階評価・標準は★3つ)

★★★★
ソース ★★★★★
具材 ★★★★
コスト ★★★★★
総合 ★★★★★

食べてみての感想などを

非常に優れた商品であると言えます。現状、ジャージャー麺を食べたければコンビニでは唯一無二に近くその上で需要をきちんと満たせる程度には、ちゃんとジャージャー麺になっていますので、好きな方にはたまらない逸品のように感じられる事でしょう。

麺に関しては申し分ない中華麺の硬さ、言う事なしな量、と、他のゆで麺系の商品と比べても抜群の食べ応えを誇り、肉味噌あんもピリ辛で美味しく、多めの麺に全て絡められるくらい、あん自体の量も多めになっており、更に具材も歯ごたえ抜群、量も多くなっています

この商品における最大の強みは、やはり食べ応えの強さでしょう大人の男性でも十分に感じられるくらいの量の多さ。そしてそれらを飽きることなく食べ続けられるよう、具材によって味変、食感変できることが強みに繋がっています

価格帯も、量に対して500円でおつりがくるという、大変リーズナブルな逸品となっていますので、年明けで懐が寒い方にも「とりあえず」でお腹を満たせる、良心的な商品となっています。

……と、このように非常にすばらしい逸品なのですが、一つだけネックがあるとすれば、「あまり見かけない」という点でしょうか。仕入れ数が少なめなのか、あるいは地域によって在庫が少ないのか、筆者の家の周りのセブンでは、確実にある商品、という訳ではありませんでした。時間帯にもよるのかもしれませんが、最寄りの一軒に行けば確実にみられる、というものでもない為、お探しの方は複数店見た方がいいかも?

折角の優良な商品ですので、できれば多くの人に楽しんでいただけたらと思います。どうかこのレビューをご覧になった方が、年明け疲れをこのピリ辛で乗り切れますように。

あわせて読みたい
ローソンの1/2日分の野菜が摂れるあんかけ焼きそばの外観
野菜を摂るなら!ローソンの『1/2日分の野菜が摂れるあんかけ焼きそば』

暑さで食欲が落ちている時は、中々野菜も量を食べられず、栄養素が偏りがちですよね。 なんとかして補おうとすると、野菜ジュースやスムージー、後はタブレットなどで補えなくもないですが、やはりある程度食事とし ...

続きを見る

あわせて読みたい
セブンイレブンの昔なつかしナポリタンの外観
昭和の味!セブンの『昔なつかしナポリタン』

不意にレトロな雰囲気を味わいたくなる事ってありませんか? 例えば古めかしい建物が見られる古都。例えば昔懐かしのレトロゲームやレトロコミックス。そういったレトロな感傷に浸れるものの中に、やはりレトロな料 ...

続きを見る

-セブンイレブン, 調理麺, 電子レンジ専用

Copyright© コンビニハック , 2021 All Rights Reserved.