セブンイレブン 菓子パン

セブンの『塩キャラメルクリームサンド』塩キャラメルを菓子パンに!?

セブンの塩キャラメルクリームサンドの外袋

最近はローソンの商品レビューばかりでしたので、そろそろ別のコンビニ商品も取り上げようかなと思ったところ、セブンイレブンでもローソンの『旨じゅわフレンチトースト』に対抗してか、食パンを使った商品を見つけたので、早速レビューしたいと思います。

今回レビューするのは「セブンイレブン」から、『塩キャラメルクリームサンド』。フレンチトーストとは違い、塩キャラメルクリームを挟んだもののようです。これだけなら失敗しようのない、手堅いもののようにも思えますね

食パンを使ったサンドと言えば不朽の名作『ランチパック』がまず浮かぶのですが、セブンの出しているこのサンドは、それと比べるとかなり大きく感じます

食べる前からお腹にたまるのは分かったようなものですね。空腹にはちょうどいいです。早速レビューと参りましょう!!

セブンイレブンの『塩キャラメルクリームサンド』の概要

セブンの塩キャラメルクリームサンドの概要

基本的な概要

メーカー 敷島製パン
種別 菓子パン
温かい・冷たい 冷たい
主な原材料 小麦粉、キャラメルフラワーペースト

植物油脂、糖類

バター入りマーガリン、パン酵母、食塩

価格(税込) 138円
カロリー 434キロカロリー

商品説明

セブンイレブンの公式サイトでの商品説明は以下の通りです。

キャラメル味に塩をプラスした食べ応えのある菓子パンです。

引用元:セブンイレブン公式サイト

実際に食べてみる

食パンは安定の超熟

セブンの塩キャラメルクリームサンド「超熟」

敷島製パンパスコというブランドを持っていて、そちらから人気の食パン『超熟』を出しています。今回のこの塩キャラメルサンドにも超熟が使われているようで、わざわざ包装左下に「超熟」との表記が描かれています。

位置的にもサイズ的にも目立ちにくいですがそれをアピールするだけ自社製品に自信があるという事なんでしょうね。

確かにどこのパンかもわからないものをお出しされるよりは、既存の人気ブランド商品を使用したほうが安心感もけた違いですし、戦術としては間違っていないと思います。ふっくら柔らかは期待できそうですね。

袋から取り出すと謎の表面

セブンの塩キャラメルクリームサンドの表面

……はい、ここまでは期待が高まっていたのですが、実際に取り出してみるとパンの表面が謎の粉状のものに覆われていました。片栗粉? それとも小麦粉? いずれにしても超熟にはなかったぱさぱさとしたものが一面覆っているのです

見た瞬間「これはなんだ?」となり、わが目を疑いました。なんでこんなことになっているんだろう……?

食べてみての評価

セブンの塩キャラメルクリームサンドの断面1

パン部分の味は、表面の謎の粉の淡白な風味のせいでかなり微妙なことになっています中身は確かに噛めば噛むほど甘くなるのですが、表面が妙に味がしないというか、この覆っている粉のせいでより微妙になっているように思えるのです

塩気が特別あるでもなく、正直何の為に在るのかわからない表層なのはちょっと今の時代不親切ですね。せめて自分が何を食べていたのかくらいは教えてほしいものです。

一方で中の塩キャラメルクリームは、ただ甘いだけでなく塩分によって更に引き立てられ、大変美味しく感じられました。なんだろう、このパンとクリームのアンバランスさは。

食感

セブンの塩キャラメルクリームサンドのパンの耳

パンの表層だけはどうしようもなく半端なサクッとした食感がしていて筆者的にはそれがかなり嫌でした。ものすごく余計なことをしてくれたというか、超熟そのものは「流石超熟」と言えるくらい食べなれたふんわりとした食感が楽しめましたので、これは完全に失敗と言えそうです

塩キャラメルクリーム部分は湿気がある分とても柔らかで食べやすいというのがちょっともったいない感じですね。

食べ応え

セブンの塩キャラメルクリームサンドの断面2

ものとしては5~4枚切りくらいの分厚い食パンを二つ重ねたものですので、かなり食べ応えがあります。これに関しては文句なしなのですが、何分表面の食感が微妙なので、そこまで嬉しくないというか、すぐ食べきれない分いっそ苦行のように感じてしまいました

主食と言ってもそん色ないくらいの量なんですけどねえ。もったいないです。

評価

(5段階評価・標準は★3つ)

★★
食感 ★★
食べ応え ★★★★★
コスト ★★★★
総合 ★★★

食べてみての感想などを

なんというか、絶妙にお勧めしにくい商品と言いますか、微妙な商品と言いますか、扱いに困る商品でした

全ては商品の表面を覆っている謎の白い粉上の物体。これが味を悪くし、更に食感まで微妙なものにしてしまっていました

そしてそれらが微妙なせいで、最大の持ち味のはずの分厚さ、食べ応えがかなり微妙に感じてしまい、結果としてコスト面の評価にも響いた、といった感じですね価格的にみるとこのサイズ、この食べ応えで130円台は驚異的なんですけどねえ

でも、中身の塩キャラメルクリームと相乗効果がある訳でもなく、塩気がある訳でもなく、本当にただ味と食感が微妙になっただけのあの粉は、いったい何を目的に塗りたくられたんでしょうね。これがなくてただの超熟だったなら、むしろ評価は大幅に上がっていたのではないかと思うと、もったいなく感じられてなりません。

どうかこのレビューをご覧になった方が、店頭でこの商品を見つけてもこのレビューを思い出せますように。

あわせて読みたい
ローソンの発酵バター香る旨じゅわフレンチトーストの外袋商品名
ローソンの『発酵バター香る旨じゅわフレンチトースト』実食レビュー

前回、前々回とレビューした糖質オフの商品たちは、筆者的にかなりそ微妙だったのですが、これに限らずコンビニ商品は時々変なところにこだわることが多く感じます。 例えばどこそこ産のチーズだとか、どこそこ鶏産 ...

続きを見る

 

-セブンイレブン, 菓子パン

Copyright© コンビニハック , 2022 All Rights Reserved.