カップ麺 ローソン

豚骨好き必見!ローソンの『無鉄砲 濃厚豚骨ラーメン』の実食レビュー

無鉄砲1

一口にラーメンと言っても、味噌や醤油、塩……と、人によって好みが結構わかれたりしますよね。

人に美味しいって勧められても、好みの味と合わないと「ちょっとこれは……」となってしまいがち。

これに関してはお店のラーメンもカップ麺も同じで、商品棚には多くの場合、色んな味のラーメンが並んでいます。

今回はそんな中でも、豚骨ラーメン好きな方に焦点を当てて、ローソンで販売中の『無鉄砲 濃厚豚骨ラーメン』のレビューをしていきたいと思います。

名前からして濃そうですよね!

それでは早速参りましょう!!

ローソンの『無鉄砲 濃厚豚骨ラーメン』の概要

無鉄砲2

基本的な概要

メーカー 日清食品
種別 ノンフライ麺(かんすい使用・中華麺)
かやく 味付き豚肉・ねぎ
スープ 粉、タレ(外付)
価格(税込) 216円
カロリー 403キロカロリー(102gあたり)

商品説明

ローソンの公式サイト、ローソン研究所での商品説明は以下の通りです。

豚骨純度100%の濃厚豚骨スープが特長の京都に本店を構える人気ラーメン店「無鉄砲」監修の超濃厚豚骨ラーメン。

豚骨を炊き出した風味とザラザラな口当たりが感じられるスープで忠実に再現しました。

実際に食べてみる

まずはコク旨たれが主張してくる

最近は蓋の上に液体スープや調味液を付ける事で、いかにも味にこだわりがあるように見える、そんなラーメンが増えていますが、このラーメンもご多分に漏れず蓋の上で主張していました。

蓋と同じロゴの入った、ちょっと手の込んだ意匠のたれですが、お湯を入れて待っている間蓋の上で温めておき、食べる直前に入れて欲しいとの事。

すぐに入れてしまいたい欲求を我慢し、時間が経つまで待ちましょう。

今回は5分待たなくてはならない……

蓋を見ればご存知の通り、熱湯で5分間待つことになります。

これが結構長いですが、筆者の経験上、この手の有名どころのラーメンを再現したカップ麺は、指定された時間より早く食べるとすごく微妙な事になるので、今回は大人しく5分待つことにしました。

いつもは1分くらい早めで食べるのが好みなのですが……

サイズが大サイズの為、お湯の量も多めです。

コンビニで食べる分には問題ないでしょうが、ご自宅で食べる場合はポットのお湯の量にはご注意を。

具体的には420mlくらい必要な様なので、それを目安に用意しておきましょう。

ちょっとお茶目な蓋裏

下の見出しの画像にも乗せていますが、蓋の裏側には渋い店主さんの絵と共に、無鉄砲メシなるものの食べ方が記されています。

出先では無理かもしれませんが、ご自宅で食べる方、試してみる価値はありますよ!?

食べてみての評価

とても珍しいノンフライタイプの中華麺です。

画像を見ての通り、一般的なカップ麺と比べ、かなり特殊な形状で収まっています。

カップが大きいせいもあり、麺の量もかなり少なく感じました

麺そのものはノンフライという事もありかなりツルツル感が強く、ヌルっとした独特の食感がしましたが……

筆者はオリジナルのお店のラーメンを食べた事はないので、それがオリジナルを再現してのものなのかは解りませんが、正直カップ麺の食感としては「ちょっと微妙だなあ」と感じました。

スープ

無鉄砲5画像では見た目さらっとしてるように見えるかもしれませんが、実際にはかなり濃厚です

看板に偽りなしの濃厚豚骨味で、好きな人にはたまらないかもしれません

更に食べる直前に入れるコク旨たれによって風味が強化され、「これぞ豚骨ラーメン」と言わんばかりのにおいの強さとコクの深さを主張してきます。

ただ「そうは言ってもちょっと濃すぎだろう」と思うくらい濃く、ドロドロとしたのど越しで、一口二口飲んだらもう無理になり、スープそのものを楽しめたかと言われると微妙でした

こういった点から、豚骨ラーメン好きな人の中でも、かなり好みの分かれるスープなんじゃないかなと思います。

具材

具材はとてもシンプルで、味付きの豚肉とねぎのみ。

画像だと大量に見えるかもしれませんが、大半は粉スープで、その中に埋もれているだけです。

麺の量もあまり多くない中で具材がこれだけとなると、ちょっと物足りなく感じてしまいます。

豚肉そのものの味は結構いいと思うんですが、いかんせんボリュームに欠けるように思え、ちょっともったいないなあと思いました。

ただ、スープを楽しむという意味では具材は少ない方が、

余計なものが入っていない分純粋に楽しみやすいかもしれません。

評価

(5段階評価・標準は★3つ)

スープ ★★★★
具材 ★★★
コスト ★★★
総合 ★★★

食べてみての感想などを

今回は豚骨ラーメン好きな人向けの商品という事で、たまたま目に入った有名店シリーズの品を扱ってみました。

こういうのって、オリジナルとなる有名店を知ってるのかどうかや、その系統のラーメンが好きかどうかでも、かなり楽しめるか否かが変わりそうですよね。

そういう意味では、オリジナル店を知らない筆者は、たまたまそのお店を訪れた一見さんのような、そのお店の味を知らない購入者になるのかもしれませんね。

筆者は割と豚骨ラーメンも好きなのでたまに食べますが、どちらかといえば豚骨でもさっぱり系が好みなようで、今回食べた濃厚な豚骨ラーメンはちょっと合わない様に感じました。

スープそのものは美味しいと思うんですが、ドロっとし過ぎているのもあまり合わず、麺がぬるっとしているのも合わず、更に具材が少ないのも残念……と、総合的にはあまり高くない評価になってしまいました。

その他、カップのサイズが大きく、粉スープが多い為必要なお湯の量は多いものの、麺そのものはそれに見合わない量にしか感じられない為、コスト面でも割高に感じてしまったのが残念なところでしょうか。

濃厚なスープにする為に粉スープを大量に入れ、更にコク旨たれによって風味をより強くして……

という作戦自体は成功だと思いますが、肝心の麺が足りないのはもったいないですね。

コク旨タレによって、豚骨ラーメン特有のにおいも結構強くなり、好みが分かれやすいのもネックでしょうか。

総じて「あとちょっと何かが足りない」と感じさせられるラーメンでした。

でも、濃厚なラーメンが好きな方ならお勧めできる一品ですよ。

あわせて読みたい
ファミマのライザップ醤油豚骨1
美味しくライザップ?ファミマの『RIZAP醤油豚骨ラーメン』

寒い季節というのはついつい温かい食べ物を求めてしまいますが、簡単に手に入る温かいものって、カロリーも高いし、体重が気になる方にとっては悩みのタネですよね。 でも、やっぱり寒いし温かいものが食べたい。 ...

続きを見る

-カップ麺, ローソン

Copyright© コンビニハック , 2021 All Rights Reserved.