ナッツ類・豆類 ローソン

沢山食べたい人向けに!?ローソンの『香ばしピスタチオ大袋』

ローソンの香ばしピスタチオ大袋の表面

前回、「香ばしピスタチオの普通サイズ」をレビューした時に「なんでピスタチオの殻を割らずに売ってるんだろう」という疑問を抱いたのですが、どうやらその理由は二つほどあって「他のナッツ類と違い容易に割って食べられるから」というものと「ピスタチオに含まれるリノール酸が湿気に弱い為」というものが主な理由のようです。

前者は他のナッツ類がピーナッツを除きほとんど硬すぎてそのままでは割れない中で、ピスタチオは自然に殻が割れるからわざわざ剥くコストをかけることもない、というもっともらしい理由で、後者は血液サラサラ効果のあるリノール酸が消えないようにする為で、逆に湿気のあまりない国では剥かれて売られているそうですので、この辺りが他のナッツ類との違いなのかなと思いました。

殻もそうですが、乾燥してシワシワの状態で売られているのは、元々水分があまりなくて脂肪分の比率が高いピスタチオは、生のまま不適切な方法で管理すると自然発火するリスクが高いから、という恐ろしい一面を持っている事が原因なのかもしれませんね。

長い前置きではありますが、今回もピスタチオのレビューとなります。

今回レビューするのは引き続き「ローソン」の『香ばしピスタチオ大袋』。

はい、前回のピスタチオの大ボリュームバージョンですよ! 早速レビューと参りましょう!!

ローソンの『香ばしピスタチオ大袋』の概要

ローソンの香ばしピスタチオ大袋の裏面概要1

基本的な概要

メーカー 共立食品
種別 豆・ナッツ類
内容物 ピスタチオ(アメリカ)・食塩
ジッパー
価格(税込) 420円
カロリー 240キロカロリー(1包装あたり)

商品説明

ローソンの公式サイトでの商品説明は以下の通りです。

国産海塩で味付けし、風味豊かにローストしました。

引用元:ローソン公式サイト

実際に食べてみる

二倍よりちょっとだけ多いお得版

ローソンの香ばしピスタチオ大袋の口から中身を覗き込んだところ

モノは同じなので語るところはどこなのかと言えば、まずは価格と量でしょうかね

前回の『香ばしピスタチオ』が255円で36グラムなのに対し、こちらは420円で78グラム価格も量も単純な倍ではないようで、お得感がありますね

特に価格はそのまま倍にしていれば510円もするところが400円台に抑えられてるのはかなりポイント高いと思います

沢山食べたいときはこちらを選ぼう!

保存食にうってつけな賞味期限の長さ

ローソンの香ばしピスタチオ大袋の裏面概要2

続いてこちら、水分の少ないピスタチオは非常に長持ちで、なんと12月に買ったものが翌年7月まで持つのです!

乾燥させているだけあって保存食向きですね。

主食としては物足りないでしょうが、災害時向けの保存食などに欠けがちな脂肪分も補えるので、おやつや一品足りない時などレパートリー補強に活用すると便利そうです。

食べてみての評価

見た目

ローソンの香ばしピスタチオ大袋のピスタチオを5粒取り出したところ

やはりピスタチオは白い殻が綺麗で、袋から出した状態の見栄えはかなりいいですね

ただ中身は前回よりは緑色率が高いものの、シワシワでやはり知らないとあまり美味しそうには見えません

他のナッツ類みたいに実そのものも明るい色ならもうちょっと美味しそうに見えるんですけどねえ。

色合いだけ見ると、ナッツの仲間というより銀杏の仲間に見えてしまうから複雑です。

まあナッツは「木の実」という意味なので銀杏もナッツといえばナッツなのですが。

ローソンの香ばしピスタチオ大袋のピスタチオを袋から全部取り出したところ

控えめな甘さをそのままに、ポリポリとこれだけを食べ続けていると、次第にその甘さに慣れてきて、一つ食べるごとに美味しく感じられるようになってきます

前回も書きましたが、あくまで素朴な味わいなのでこれ以外の味の強いものと一緒に食べるのは厳禁ですね

色合いが鮮やかなのでスイーツの材料に使われたりもしますが、やはりスイーツに使われている場合の「ピスタチオ味」は、大半がピスタチオの味ではなく、砂糖などで甘さを強化したものなのだなという印象です。

食べやすさ

ローソンの香ばしピスタチオ大袋のピスタチオの殻

一つ一つの殻を剥くのはそれほど手間ではありませんが、いかんせん量があるので、次第にその作業量も膨大なことになっていることに気づきました

クルミほどではないにしろ、これだけ多いと流石に時間が結構浪費されたんじゃないかと思います

暇な時に食べる分には問題ないですが、わずかな余暇に食べるには不向きでしょうかね。

また、量こそ倍以上増していますが、実質増えた分のかなりの部分が殻ですので、グラム数の内可食部はどれほどかな、と考えるのはちょっと虚しくなりそうです

湿気がある国では難しいのは解るけれど、やはり殻なしで売ってくれた方がありがたいかなあ。

評価

(5段階評価・標準は★3つ)

見た目 ★★★
★★★★
食べやすさ
コスト ★★★
総合 ★★★

食べてみての感想などを

評価はほぼ据え置きですが、コストに関しては普通サイズよりお得感がありますね

普通サイズは少なかった為あっという間に食べきれてジッパーの意味をあまり感じられませんでしたが、今回に関してはちょっとずつ分けて食べたい人にはありがたい機能ですよジッパー

ただ、上にも書いた通り量の半分近くは殻なので見た目ほどは多くはないんですよね

他のナッツ類が同じくらい入っていたとしたら、その分は丸々損となるので、そういうのが気にならない人なら、といった感じでしょうか。

食べた後の殻を見て「わあこんなに食べちゃった」と楽しめる方には向いているでしょうね。筆者は割とこのタイプです。

ですが、まだまだ他のナッツ類ほどには普及しきってはいないピスタチオで、大袋の商品を出したのは中々思い切っていると思います。

こういう思い切りの良さは評価したいですね

どうかこのレビューをご覧になったピスタチオを沢山食べたくなった方が、この商品を商品棚で見つけられますように。

あわせて読みたい
ローソンの4種のデラックスミックスナッツの袋表面
ローソンの『4種のデラックスミックスナッツ』あれも食べたいコレも食べたい人向け?

とうとうローソンのナッツ系商品も、今回がラストとなります。 トリを飾るのは、ナッツ類の販売形式としては尤もポピュラーな「ミックスナッツ」系の商品、『4種のデラックスミックスナッツ』。 複数種類のナッツ ...

続きを見る

あわせて読みたい
ローソンのアーモンド&マカダミア ガーリックバター味の袋表面
ローソンの『アーモンド&マカダミア ガーリックバター味』これはガーリックバターの誘惑!

前回の『香ばしアーモンド ステーキソース味』は、シーズニングを活かした中々に美味しいアーモンド系商品でしたが、今回もまた、味付きのナッツ類のレビューです。 今回レビューするのは「ローソン」の『アーモン ...

続きを見る

あわせて読みたい
ローソンの香ばしアーモンドステーキソース味の袋表面
ローソンの『香ばしアーモンド ステーキソース味』これは新しいアーモンドの味!

前回レビューしたローソンの『カリッと香ばしいバターピーナッツ』はお手軽価格で非常に美味しく頂けて個人的にかなりの高評価だったのですが、今回はこの手の味付きナッツ類としては長らく塩味と甘い方向以外であま ...

続きを見る

あわせて読みたい
ローソンの香ばしピスタチオの袋表面
甘さ控えめ!?ローソンの『香ばしピスタチオ』

前回まではハンバーグ尽くしのレビューとランキング記事となっておりましたが、今回からはまた趣向を変えたレビューをしたいと思います。 今回から扱うのは、いわゆる「ナッツ類」と言われる木の実、それに種、豆類 ...

続きを見る

あわせて読みたい
ローソンのまろやかマカダミアナッツの袋表面
ローソンの『まろやかマカダミアナッツ』濃い目の風味がたまらない!? 

前回、前々回とピスタチオのレビューになりましたが、今回は同じナッツ類でもマカダミアナッツのレビューです。 マカダミアナッツというのはハワイなどでもお馴染みで、かなり早い時期からチョコレートの中に入れる ...

続きを見る

あわせて読みたい
ローソンのまろやか味わいカシューナッツの袋表面
使い道多数!?ローソンの『まろやか味わいカシューナッツ』

これまで「ローソン」のピスタチオ、マカデミアナッツと来ましたが、今回は「ローソン」の『まろやか味わいカシューナッツ』のレビューをしたいと思います。 カシューナッツというのは、ブラジル原産で熱帯・亜熱帯 ...

続きを見る

あわせて読みたい
ローソンのカリッと香ばしいバターピーナッツの袋表面
おなじみの味!ローソンの『カリッと香ばしいバターピーナッツ』を実食レビュー

ローソンのナッツ類もピスタチオ・マカデミア・カシューと来ましたが、ここで真打の登場です。 今回レビューするのは「ローソン」の『カリッと香ばしいバターピーナッツ』。 ピーナッツ(落花生)は、ナッツ類とし ...

続きを見る

-ナッツ類・豆類, ローソン

Copyright© コンビニハック , 2023 All Rights Reserved.