ゆで麺 ローソン 電子レンジ専用

スープも飲み干す!ローソンの『だしの旨み!カレーうどん』実食レビュー

ローソンのカレーうどん1

ローソンのカレーうどん1

コンビニでワンコインでお昼を買おう、という時に、皆さんはどんな事を重視しますか?

味や量も大切ですが、季節によっては「今日は暑いから冷たいものを」とか、「今日は寒いから温かいものがたべたいな」とか、その時その時で結構重視するものが変わりますよね。

今回はその中でも寒い時にぴったりな、身体がホクホクと温まる、「ローソン」の『だしの旨み!カレーうどん』のレビューをしたいと思います。

カップ麺もいいけれど、本格的なコンビニのゆでうどんも、こういう季節には美味しいんです!

それでは早速参りましょう!!

ローソンの『だしの旨み!カレーうどん』の概要

ローソンのカレーうどん2

基本的な概要

メーカー 日本クッカリー
種別 ゆで麺(うどん)
具材 豚肉炒め茹で玉ねぎカレー和え、

油揚げカレー和え、ねぎ

スープ カレーソース、うどんつゆゼラチン
価格(税込) 460円
カロリー 595キロカロリー(一包装あたり)

商品説明

ローソンの公式サイトでの商品説明は以下の通りです。

鰹節・昆布・煮干しをベースにしただしに、スパイシーなカレーを合わせ、だしのうまみとスパイシーな味わいが楽しめるカレーうどんです。

麺はつるっともちもちとした食感に仕上げました。

具材は豚肉・玉ねぎ・きざみ揚げ・ネギをトッピングしました。

引用元:ローソン公式サイト

実際に食べてみる

ローソンのカレーうどん3

見た目はスタンダードなゆでうどんタイプ

手に取った感じだと特にこれと言った特徴もなく、蓋を開けてみれば麺とスープが別々だったりするような、面倒くさい点は特にありません。

特別振りかける様な調味料の類もないので、そのまま温めて食べる事が出来ます。

温め時間は結構長い?

ゆでうどんタイプの宿命ですが、食べられるようになるまでの時間はかなり長く1500Wで1分40秒、500Wでは5分も掛かります

昼時にコンビニで温めを頼むと、後ろにずらっと温め待ちの列ができて、ちょっと居心地が悪かったです。

家などに高いW数の電子レンジがあるなら、家で温めた方が気持ち楽かも……?

実は分離しているスープ

容器で分けられている訳ではありませんが、概要のスープ欄にも書いてあるように、このうどんのつゆは、カレーソースとつゆゼラチンの二種類が存在します

二種類が混ざっているのではなく、上部分と下部分とで分けられているのです

この為、温めて蓋を開けると、とてもドロっとしたカレーソースが目に入り、「こんなに濃厚なのか」と少し困惑してしまいますが、下のつゆとかき混ぜる事でほどよい感じの「いつものカレーうどん」といった見た目になります。

初めて食べる方はどうぞご注意あれ。

食べてみての評価

ローソンのカレーうどんの麺

安心のオーソドックスなゆでうどんです。

カレーうどんにはよく合っていて、個人的にも好きなのでグッドです。

麺自体もそれなりにボリュームが感じられるのも、このゆでうどんタイプの魅力ですね

スープ

ローソンのカレーうどんのスープ

分けられたつゆを混ぜるところから始めるので、ちょっとした手間ですが、混ぜた後は正統派なカレーうどんといった感じの味です。

ややスパイシーですが後に残ったりむせたりという事はなく、甘党の方でも美味しく頂ける程度のものです。

身体がほこほこ温まりますので、寒い時にはありがたいかも

ただ、あくまで主体はカレーソースなので、「だしの旨み」というほどだしの風味が主張せず、そこがちょっと残念でした。

カレーソースとして見た場合、結構あっさりとしていて、それ単体でもスープとして楽しめるようになっています。

具材

ローソンのカレーうどんの具

豚肉と玉ねぎと油揚げのカレー和えがメインです。

特に豚肉はかなり主張してくる具材で、量も多い為麺と同じくらいの頻度で食べて丁度いいくらい。

もったいないから」と後に回すと、最終的には豚肉ばかり食べているような感覚に陥ります

油揚げは食べやすいサイズにカットされていて、食感も豚肉と似ている上に風味もカレーソースが隠す為、正直食べていてどれが油揚げだったのかよく解りませんでした

ファミマ」の『チーズカレーうどん』もそうでしたが、カレーうどんと油揚げって、あんまり具材としては相性が良くない気がしますね。

とはいえ具材全体でみれば量も多く、味も悪くない為、筆者としては食べ応え満点で大満足でした

評価

(5段階評価・標準は★3つ)

★★★★★
スープ ★★★★
具材 ★★★★★
コスト ★★★
総合 ★★★★★

食べてみての感想などを

初めて蓋を開けた時の「こんなに濃厚なのか」という気持ちと、いざかき混ぜ始めた時の「なんだ下の方につゆがあるのか」という、ちょっとしたがっくり感が印象的な以外は、それほど特徴的な部分もないオーソドックスなカレーうどんでした。

ただ、全体的に見て高レベル、満足できる範囲で収まっている為、カレーうどん好きな方なら問題なく頂けると思います

値段に関しても、このボリュームでワンコインでいただけるので、文句なしにランチメニューとしては優秀だと思います。

ここまでで「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」と三社分各社のカレーうどんをレビューしてきましたが、個人的には麺は各社とも互角スープの味はセブンイレブンがダントツ具材はローソンがダントツ、そしてコストとカロリーの高さではファミリーマートがダントツ、といった感じに住み分けが出来ているように感じられます。

スープの味に関してはローソンも十分美味しいのですが、やはりセブンイレブンの和風カレースープには一歩及びません

名前の通りにだしの旨みがもう少し利いていれば、スパイシーな分寒い時には向いているだけにもったいないですね。

ですが具材に関してはローソンが文句なしに最高でした。

特に容赦なく主張してくる豚肉の量といったら!

カレーうどんでこんなに肉が主張してくるのは初めてだ」と、食べていてちょっと笑ってしまいました。

まあ正直肉以外の具材はあんまり感じられなかったのですが

ファミリーマートは、スープも具材も今一でしたが、価格が安く抑えられて寒い時に必要なカロリーが高いことから、コストを抑えたい人やチーズ好きな人や激しい運動をした後の人、「寒いからとにかく熱になるカロリー高いモノ食べたい」という人には向いていると思います。

外仕事なんかだと芯から冷えてくるので、こういうカロリー高いものは結構重要なんですよね。

また、セブンはほどよくとろみがあり、ファミマは濃厚、ローソンはあっさりとしているなど、スープの濃さも違いがあり、これも食べる人の好みによってかなり分かれると思います。

おむすびなどのご飯ものによく合うので、個人的にはセブンかローソンかなあと。

三者三様の利点をまとめたところで、今回は締めようと思います。

どうかこのレビューを見た方が、好みに合ったコンビニカレーうどんを美味しくいただけますように。

あわせて読みたい
ファミマのチーズカレーうどん1
まろやかな食感!ファミマの『レンジチーズカレーうどん』実食レビュー

巷では様々な場所でチーズをトッピングした料理やパンが出現し、コンビニにおいてもパンやスープ、パスタなどを中心に、チーズ満載の商品が増えています。 今回はそんな中でも、寒い季節ほど楽しめるチーズメニュー ...

続きを見る

あわせて読みたい
セブンのカレーうどん1
セブンイレブンの『ツルッともっちり!カレーうどん』実食レビュー

寒い季節が続いていると、身体を芯から温めてくれるホットなランチを食べたいところ。 お弁当でもいいですが、熱いツユに浸かった麺類だと、より効果的に身体を温める事が出来ます。 そんな中、今回レビューするの ...

続きを見る

あわせて読みたい
セブンの牛カレーうどんの外装1
梅雨時にぴったり!セブンの『濃厚牛カレーうどん』

各コンビニとも、定番のメニューは毎年、ともすれば季節ごとに、マイナーチェンジ的な改良をして新商品として出す事が多く、筆者もよく買う商品が実際買ってみると細部では結構違っていて、思ったより勝手が違ってい ...

続きを見る

-ゆで麺, ローソン, 電子レンジ専用

Copyright© コンビニハック , 2021 All Rights Reserved.