ハンバーグ ファミリーマート

ファミマの『濃厚デミグラスソースハンバーグステーキ』肉厚でじゅわり染み出る肉汁!? 

ファミマの濃厚デミグラスソースハンバーグステーキのパッケージ表面

前回の「ファミリーマート」の『お肉の旨みを閉じ込めた極じゅわハンバーグ』は、味やサイズ感こそよかったものの、やはり価格帯が高すぎるというのがネックとなり、今一噛み合わない印象になってしまっていましたが、何もお高い商品ばかりがコンビニハンバーグではありません

そんな訳で今回レビューするのは、同じく「ファミリーマート」の『濃厚デミグラスソースハンバーグステーキ』。

プライベートブランド「ファミマル」から出ているファミリーマートの自社製品となっております。

値段的にもこちらの方が安めなので、味次第では普段使いはこちらの方がいいのかも?

ですがコストが安くなるにつけ重要になってくるのは、やはり味とサイズ感

ただ安ければいいだけの商品とは違うところ、見せてほしいですね。早速レビューと参りましょう!!

ファミリーマートの『濃厚デミグラスソースハンバーグステーキ』の概要

ファミマの濃厚デミグラスソースハンバーグステーキのパッケージ裏面概要

基本的な概要

メーカー 丸大食品
種別 総菜・おかず
具材 牛肉、豚肉、豚脂肪、牛脂肪

たまねぎ、パン粉、植物性たん白

玉子たん白、全粉乳、ブラウンルウ

温める必要性 あり
価格(税込) 238円
カロリー 322キロカロリー(1包装あたり)

商品説明

ファミリーマートの公式サイトでの商品説明は以下の通りです。

ふんわりとした食感に仕上げた、ジューシーで肉厚なハンバーグです。ハンバーグの旨みを引き立てる濃厚な味わいのデミグラスソースです。    

引用元:ファミリーマート公式サイト

実際に食べてみる

何故か500Wにこだわるファミマチルド商品

ファミマの濃厚デミグラスソースハンバーグステーキのパッケージ裏面調理法

こちら、温め時間は袋系チルド商品の例によろしく電子レンジと湯せんとなっておりますが、やはりというか、ファミリーマート系商品だと500Wが基準なのでしょうか?

他社商品だと電子レンジで温めるにも500Wのほかに600Wの場合の温め時間があったり、どちらでも同じ時間だったりと、一応自宅のW数なりに配慮した時間が書かれているものですが、この辺りちょっと不親切ですね

販売されている電子レンジも、性能が上がってきているのか500Wが下限になっているものも多いので使えはするのでしょうが、時間短縮したい時などにはちょっと不便に思えます

一方で時間的には、500Wで2分30秒と、一般的なカップ麺よりは早い時間なのでインスタント感ある食べ方ができる点で便利ではあるんですけどね

また、湯せんの場合は「沸騰しない程度のお湯で10分ほど温めてください」という、やはり他のコンビニにない温め方の説明文があり、これは結構独特な気がしますね?

時間的にはそう変わりませんが、沸騰しない程度のお湯、というのは地味に判断しにくいので、この辺りはちょっと面倒なポイントかもしれません。

サイズ的には前回よりやや小ぶりか

ファミマの濃厚デミグラスソースハンバーグステーキ本体

実際に温めて袋から取り出したものがこちらになります。

前回の『お肉の旨み~』と比べると一回りほど小さく、そして平べったくなっています

ただ、これくらいなら普通のハンバーグと認識できるくらいのサイズ感ですね

表面がてかてかと光っているのは油分がそれほど多いという事でしょうか。

ソースはやはり控えめの量で、この辺りちょっと残念ポイントかな、といった所

浸るくらいにたっぷりのソースがないと、最後の方で足りなくなりそうで怖いですよね。

食べてみての評価

見栄え

ファミマの濃厚デミグラスソースハンバーグステーキ本体とご飯

見た感じはやや平べったい丸みを帯びてる、普通のハンバーグです

一応は焼き目がついているようで、ちゃんと焼いたハンバーグだなと感じられるようにはなっています

対してソースの量はやはり乏しく、添え物も全くなしなので、サイズはともかく総合的な見た目はちょっと寂しく感じてしまいますね

実際に中身を割ってみると肉汁が染みだしてきます……が、ただ肉汁が染みだすだけでなく、明らかに「油詰めました」というような白い塊がそのまま見えてしまうのは、見た目的にかなりのマイナスです

ちゃんと溶け出すようにすればいいのに。肉汁そのものはジューシーに見えてよさげなのに、こういうところがダメダメですね。

具材

ファミマの濃厚デミグラスソースハンバーグステーキ本体断面とご飯1

味は意外にもさっぱり系で、デミグラスソースも「お肉の旨み~」よりも甘味が薄く、その分塩気が強くなっています

正直デミグラスソースっていう感じの味ではないので、デミグラスハンバーグをお求めの方はがっかりするかも

その分、「ハンバーグステーキ」を食べたいと思ってる方には「お肉の旨み~」よりもこちらの方が肉の味をメインに感じられていいかもしれませんね

ただ、例によってジューシーさを演出する為の油が多く、こてこてとしているため油分が苦手な方、あまり取りたくない方にはかなりのマイナスとなります

味に関してもこのジューシーさは何ら貢献していないばかりか、食感まで悪くしてしまっているので、正直コレはやめた方がいいんじゃないかなと思えました。ファミチキなら美味くできてるんですけどねえ。

ご飯との相性

ファミマの濃厚デミグラスソースハンバーグステーキ本体断面とご飯2

量的には悪くないのですが、デミグラスハンバーグのコクの深さ、甘さなどはかなり抑えられてしまっている為、ご飯が進む系のハンバーグではありません

じっくりとお肉を食べたい方には向いてるかもしれませんが、これ一つをおかずとして食べるよりは、他の多様なおかずの中にある一品、という感じで使った方が向いている商品ですね。

そういう方向性ならば美味しくいただける良商品なのでは?と思います。

評価

(5段階評価・標準は★3つ)

見栄え ★★
具材 ★★★
ご飯との相性 ★★★
コスト ★★★
総合 ★★★

食べてみての感想などを

悪くはないけれど、決して素晴らしいとは言い切れない商品でした

ハンバーグ系商品としてみると、デミグラスソースの味の薄さはかなり特異で、これまで食べたものが、味の濃いデミグラスソースを使ったハンバーグがメインだったこともあり、結構な違和感と衝撃を覚えました

いっぽう、味そのものは決して悪い訳ではなく、メインと考えるよりは数ある脇役の内の一つ。という、これまでと違った方向性でのハンバーグの食べ方を考慮する余地があるならば、むしろ良品として扱うこともできるかもしれません。

ただ、チルドハンバーグで出す商品じゃないよなあ、とも思えますね。気軽に手軽に食べるハンバーグでそんな意識高いこと考えるのも面倒くさいですし。手間をかけたいとか高尚なものを食べたいなら自分で作るなりレストランなり行くでしょうし。

そもそも筆者が勝手にそう思い込んでるだけで、この商品そのものは食卓のメインを想定してのコレでしょうから、コレをメインとして考えた場合はやはりこのくらいの評価が妥当なんじゃないかなあと思えます

値段帯は240円ほどと、前回と比べてかなり安価になってはいるんですけどねサイズも悪くないですし

ただ、ソースの味は人を選ぶ辺り、『お肉の旨み~』以上に使い勝手が悪く感じてしまったのが残念なところです

やはりハンバーグは、肉質以上にソースの味が決め手なんだなあ、と。

そして肉汁の有無は評価にあまり直結しないんだなあ、と。

次に食べるハンバーグは、普通に美味しいといいのですが。

どうかこのレビューをご覧になった方が、虚無な肉汁に騙されずに済みますように。

あわせて読みたい
コンビニのハンバーグおすすめランキング

これまで大手コンビニ3社(ローソン・セブンイレブン・ファミリーマート)自慢のチルドハンバーグ系商品をレビューし続けてきましたが、いよいよ前回を以て(恐らく)網羅できましたので、今回はそれらの中で項目ご ...

続きを見る

あわせて読みたい
ファミマのお肉の旨みを閉じ込めた極じゅわハンバーグのパッケージ表面
ファミマの『お肉の旨みを閉じ込めた極じゅわハンバーグ』はジューシーさ特化か!?

ローソン、セブンと続いて、今回からはファミリーマートのハンバーグ特集です。 ファミリーマートにはかつての「お母さん食堂」の流れを汲むプライベートブランド「ファミマル」があります。 今回はそちらから『お ...

続きを見る

あわせて読みたい
ファミマのチーズがとろけだすチーズインハンバーグのパッケージ表面
ファミマの『チーズがとろけだすチーズインハンバーグ』安くなるほど小さくなる!? 

前回レビューした『濃厚デミグラスハンバーグステーキ』は、なんともいえない微妙な評価に収まってしまいましたが、ファミリーマートのチルドハンバーグは後二つあるのです。 例によって進むごとに値段帯が低くなっ ...

続きを見る

あわせて読みたい
ファミマの直火焼き和風ハンバーグのパッケージ表面
ファミマの『直火焼き和風ハンバーグ』和風は安定感が抜群!? 

長く続いたコンビニチルドハンバーグレビューも、残す所一商品となりました。 最後のレビューとなるのは、「ファミリーマート」より『直火焼き和風ハンバーグ』です。 はい、安心安定の和風ハンバーグですよ! 今 ...

続きを見る

コンビニ3社(ローソン、ファミマ、セブンイレブン)ハンバーグの実食レビュー記事一覧はこちら

-ハンバーグ, ファミリーマート

Copyright© コンビニハック , 2022 All Rights Reserved.