スイーツ セブンイレブン

ちょっと高級志向?セブンの『牛乳を摂ろう スペシャルミルクプリン』

セブンのスペシャルミルクプリン外観上部

コロナウィルス禍、学校が閉まっている期間が長かったためか、牛乳の消費量が落ち込んでいた時期がありました。そんな中、食品関係の業者間でこういった問題をふまえ、商機につなげようという考えを持ったところが見え始めたようです。

今回レビューするのは、「セブンイレブン」の『牛乳を摂ろう スペシャルミルクプリン』。

出たタイミングから言って、丁度余った牛乳の消費を消費者に求められていた時期でしたので、「かなりピンポイントに出たものだなあ」と、その展開の速さに驚かされたほどです。タイミング的に、実際にはこんな予定ではなかった普通の商品が、この状況下、突如ピックアップされた感じでしょうか?

筆者にはその辺り詳しく解らないですが、気になるのは味の方。商品としてどんな感じなのか、この機会にしっかりと確かめたいと思います。

それでは早速参りましょう。

セブンイレブンの『牛乳を摂ろう スペシャルミルクプリン 』の概要】

セブンのスペシャルミルクプリンの概要

基本的な概要

メーカー デリカシェフ
種別 プリン
温かい・冷たい 冷たい
主な原材料 牛乳、カラメルソース、クリーム

グラニュー糖、さくらんぼ・シラップ漬け

価格(税込) 537円
カロリー 552キロカロリー

商品説明

セブンイレブンの公式サイトでの商品説明は以下の通りです。

牛乳の風味と味わいが楽しめるミルクプリンにバニラホイップクリームをたっぷり盛り付けました。ほろ苦いカラメルソースと合わせたプチ贅沢サイズのスイーツです

引用元:セブンイレブン公式サイト

実際に食べてみる

見た目はちょっとリッチな牛乳プリン

セブンのスペシャルミルクプリン上部

皆さんは「牛乳プリン」というとどんなものを想像しますか?筆者は結構小さめの、とてもシンプルなものをイメージしたのですが、今回レビューする『スペシャルミルクプリン』は、どうにも見た目からしてそんな印象を覆す、高級志向のプリンのようですね。

真っ白な牛乳プリンの上に、大量の生クリーム。そしてサクランボが二つという、牛乳プリンというよりも『プリンアラモード』的な、かなりリッチな見た目になっています。これは中々食べ応えがありそうです。

分厚いプリンの層

セブンのスペシャルミルクプリン外観側面

見た目がこれだけリッチでも、中身の方はカステラなどが入っていて、見た目ほど大したことないんじゃ、とお思いの方もいるかもしれません。ですが、横から見ると画像の通り、ぎっしりとプリンの層が詰まっていて、一番下にカラメルの層があるくらい

誤魔化しなど一切なしの真っ向勝負の姿勢です。見た目こそ華やかですが、筆者的に、全力で称賛したいくらいのストレートなプリンですよこれは。こういうのが好きなんですよ。たまらないです。

食べてみての評価

セブンのスペシャルミルクプリン上部のサクランボ

全体的に見て、この商品はバニラクリームなどの表層、プリンだけで構成されている中層、そしてカラメル部分とで構成されています。

表層はバニラクリームの濃厚な甘さと、さくらんぼの爽やかな風味とがマッチし、パフェのようにひたすらに甘さを楽しめるようになっています。クリームの上にかけられたカラメルソースがアクセントとなり、クリームだけの状態より若干香ばしく感じられるのも特徴的

中層はややあっさり目の牛乳プリンで、甘さに関してはかなり控えめですが、牛乳臭さなどはなく、とても食べやすい風味となっています。牛乳っぽさを追求するよりは、誰でも楽しめる万人受けを狙ったのでしょうか。実際問題美味しいので問題ありませんが、濃厚な牛乳プリンを楽しみたいならやや物足りないかも

カラメル部分は良くも悪くも普通のカラメルソースですが、牛乳プリンの底にソースが入っているのは、それ自体が結構珍しい気がします。牛乳プリンは普通のプリンと違ってただ甘いだけでなく、いくらか癖がある風味なので、カラメルとはあんまり合わないのでは、と思ったのですが……実際にはそれほど違和感もなく楽しめました。特に相性が悪いなんてこともなく、ツルっといけてしまうというか。意外な発見を見た気がしてしまいます

食感

セブンのスペシャルミルクプリンをスプーンですくったところ1

特に特筆すべき点もなく、「普通のプリンのようにプルプルしている」といった程度の、どこにでもある牛乳プリンの食感でした。バニラクリームはさほど食感に影響しませんし、サクランボはそれよりはいくらか食感が感じられますが、沢山食べた気になれるかというと微妙なもの。

これまで筆者はやたら濃厚なプリンや、チーズケーキのようなプリンを食べてきたせいで、この辺りの感覚がマヒしているのかもしれませんが……これが普通なんですよね。

濃い口プリンの体験が、どんどんと侵食してきている気がします。影響を受けすぎないように気を付けないと。

食べ応え

セブンのスペシャルミルクプリンをスプーンですくったところ2

全体的な量はそれなりなので、デザートとしての食べ応えは結構感じられます。上にも書いたように食感がプリンそのものなので、歯ごたえはあまり感じられませんが、ツルっと食べられる為、食べ終わった後にお腹に溜まる、といった感覚を覚えると思います。

ただ、量が多いという事は、それだけ食後のデザートとしては選択しにくいという事でもあり、人によっては、食べるタイミングを選ぶデザートと言えるかもしれません。折角のお高いデザートですので、是非食べきれるタイミングで食べたいところですね。

評価

(5段階評価・標準は★3つ)

★★★★★
食感 ★★★
食べ応え ★★★★
コスト
総合 ★★★

食べてみての感想などを

全体的に酷くアンバランスに感じられる評価となりました。

味は求めた通りの牛乳プリンでしたので、これ自体は全く不満がありません。上にのっているバニラクリームやさくらんぼともども、とても美味しくいただけました。ただ、食感は普通のプリンと大差ないため、悪くはないけれど高評価とは言いがたいものになりました。

食べ応えは特に不満もなく、「これだけ食べられれば満足」と言えるくらいには優れています。多分、牛乳プリンをこれ以上食べたら気持ち悪くなると思うので、その辺りの塩梅も優れていると言えそうです。

最大のネックは、税込で500円超えという、明らかに高級志向といえる価格帯普通のデザートを買うのですら価格によっては躊躇するのに、コンビニデザートに500円を費やす方がどれだけいる事か。というか500円あればケーキ屋さんのケーキやプリンが買えます。そう考えると、いくら美味しくて量が多いとはいえ、かなり割に合わない感があり、これが全体の足を大いに引っ張っています

この辺り改善されれば、随分変わってくると思うのですが、今のところの印象は「美味しいけど高すぎる」これに尽きます。

どうかこのレビューをご覧になった方が、自分なりの美味しい牛乳プリンを見つけられますように。

あわせて読みたい
ファミマのねっとりイタリアンプリンの外装上部
怪しげなネーミング!ファミマの『ねっとりイタリアンプリン』

疲れていると、時々「甘いものを心行くまで食べたい!」という願望に突き動かされる事、ありませんか? 筆者は時々そういう気分になり、まとめ買いの如く甘いものをいくつも買ってしまうのですが、どうせなら新商品 ...

続きを見る

あわせて読みたい
ローソンのブラボーミチプーミッチリプリンの外観
プレミアムな食感!?ローソンの『ブラボーミチプー -ミッチリプリン-』

以前紹介した「ローソン」の『ミチプー -ミッチリプリン-』。これは普通のプリンの常識を覆す、中々に魅力的な商品でした。 カラメルがゼリー状でプルプルしていて、見た目が可愛いだけでなく、食べているだけで ...

続きを見る

あわせて読みたい
ファミマのスフレプリンの外観
しっとりとした甘さ!ファミリーマートの『スフレ・プリン』

従来から、「ファミリーマート」は、『俺のプリン』シリーズに始まり、他のコンビニと比べても特にスイーツに力を入れていました。近年では『ファミマスイーツ』という、スイーツ系の独自ブランドを立ち上げ更に注力 ...

続きを見る

-スイーツ, セブンイレブン

Copyright© コンビニハック , 2021 All Rights Reserved.